読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元エディター・umekoのおまえは何しにシドニーへ!?

仕事一筋のアラサーエディターが、2016年12月より全てを捨ててシドニーへ移住。そんな妙齢女子umekoが、シティガールのためのシドニーの楽しみ方をお届けします。

キムチな韓国料理と待ちぼうけナイト

シドニーのディナー

 

昨晩コリアンガールのジェナが連れて行ってくれたのは、

 

リバプールストリート沿いにあるKOBOW Sydneyという韓国レストラン。

 

入り口と看板はこんな感じです。

 

f:id:eri070566:20170217234114j:plain

入り口から上を見上げたところ

 

f:id:eri070566:20170217234227j:plain

階段を下るとお店です

 

メニューは前に行ったワールドスクエア近くの韓国料理のお店に比べたら少なかったけど、

(そこはちゃんとごはんたべてないので改めて行ってきます!)

 

プルコギとかビビンパとか定番は押さえていて、

 

全部食べたい〜ってワクテカしていた私。

 

でもジェナに、

 

「ここはキムチチゲが一番おいしいからチゲにしよう」

 

と言われてキムチチゲをシェアすることにしました。

 

まずは韓国料理には定番の前菜が到着。

 

f:id:eri070566:20170218120521j:plain

撮る前に食べ始めたので食べかけです(笑)これだけでごはん1杯いける感じ。でも魚だしのくせはありますが、魚苦手な私でもOKなくらい。キムチはうまーでした!というかキムチの良し悪しが分かるほど食べ慣れていないけど、食べやすくておいしいかったです(笑)

 

全部で4品の前菜とライスをつついていると、

 

いよいよ真打キムチチゲの登場!!

  

f:id:eri070566:20170218164740j:plain

加工の関係で真っ赤になっちゃったけど、もう少し普通のキムチ色です。これから火をつけて煮込みます

 

見た目にはわかりにくいけど、

 

中にはたっぷりのキムチと大きなサムギョプサル(豚肉のかたまりです。ジェナはこう呼んでいたけど、焼肉とは違うのかな?)。

 

食欲増進!!

 

火が通り始めたので、

 

ジェナがサムギョプサルをカット。

 

f:id:eri070566:20170218165313j:plain

自分でカットするタイプ?らしい

 

ごはんと一緒にいただきます❤️

 

程よくスパイシーで、

 

ごはんがすすむ塩辛さで、

 

お肉もほろほろで、

 

止まらない!!!

 

実はこのところ韓国料理に飢えていた私は、

 

すごい勢いで食べていた。

 

飢えたアラサー。

 

昔からなぜか豚の脂をふた口以上食べると、

 

頭痛と吐き気に襲われるのですが、

 

このサムギョプサルの脂は全然するするといけたのが不思議だった。

 

脂のくどさが全然なくて、

 

風味だけがしっかりとある感じ。

 

うまく説明できない…💦

 

とにかくこのお鍋とごはんで、

 

食べきれないぐらいお腹いっぱい!!

(ジェナはかなり食べる方ですが、それでも残してしまったぐらい)

 

これでなんと、

 

2人で$25!!

 

ごはんをつけてだいたい$30なので、

 

1人$15でお腹いっぱい食べられるのは嬉しいぜ。

 

ということで次回は、

 

彼を連れて行ってみようと思います。

 

Kobow Sydney

68 Liverpool St Sydney NSW 2000

 

ジェナいわく、

 

2人だけだから食べられる量を考えてここにきたけど、

 

3人以上じゃないと食べきれないサムギョプサル (焼肉の方)のおいしい店があるから今度行ってみようということで、

 

そちらも楽しみだっ!!!

 

食べ過ぎた私たちは、

 

お腹の苦しさをまぎらわすために散歩へ。

 

ワールドスクエアに出て、

 

タウンホール方面へ向かいました。

 

f:id:eri070566:20170218171604j:plain

タウンホールがきれいですね。単純なので、ライトアップは何回見ても、うはーって思う女子。33歳。

 

道すがら、

 

ジェナと最新恋愛情報を交換。

 

ジェナの彼は韓国人で、

 

ワーホリで同じくシドニーに来ています。

 

でも仕事を掛け持ちしているので、

 

一緒に過ごせるのは月曜の夜だけ。

 

それに孤独を感じたジェナと彼は、

 

3月ごろから同棲するつもりというおめでたい話を聞いたのが最後でした。

 

しかし彼女、

 

それを断ってしまったとのこと。

 

実は彼女にはシドニーでやってみたい仕事があって、

 

そのためには離島にいかなければいけないそう。

(詳細はちょっと分からなかったよ語学力の問題で)

 

別れたわけではないけど、

 

男よりも自分のやりたいことを選んだ彼女。

 

もし私が27歳だったら、

 

仕事を選んでいたのかなと自分を重ねてみたり。

 

そんな想像をしていたら少し寂しくなって、

 

家に帰ってからも彼が早く帰ってこないかなと待ちぼうけ。

 

彼の仕事は遅いと夜の0:30ごろに終わることがあって、

 

しかもその後に近くのバーで同僚と軽く1杯飲むので、

(職場のおごりで飲めるらしい)

 

なかなか帰ってこない。

 

さらに金曜ということもあっていつもより遅くなってしまったらしい。

 

不思議なものでそういう時って、

 

無駄に私の想像力が働いてしまう。

 

もしかしてバーで女の子といちゃついてんじゃないの?とか。

 

huluで20世紀少年を観ながらもんもんとしているとやっと彼が帰宅。

 

(●´ω`●)ゞエヘヘ

 

なんでか照れながら部屋に入ってくる彼。

 

何にやけてんだこんな遅くなりやがってとむかついていたら、

 

差し出したのがこれ。

 

f:id:eri070566:20170218174622j:plain

 

M&Mのチョコ。

 

はっ?って思ってたら、

 

バレンタインチョコらしい。

 

そうか思い出した。

 

バレンタインはレストランに食事に連れて行ってくれたんですが、

 

その夜にささいなやきもちを焼いた私が、

 

元カノにはチョコをあげたんだねふーんみたいないじわるを言ってしまったんです…。

(カナダもチョコや花をあげるのが習慣らしくて)

 

そしたらチョコ買ってきてくれた。

 

ほんとにかわいいなぁ(笑)

 

そんなフライデーナイトでした!

 

って結局のろけかYO!