読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元エディター・umekoのおまえは何しにシドニーへ!?

仕事一筋のアラサーエディターが、2016年12月より全てを捨ててシドニーへ移住。そんな妙齢女子umekoが、シティガールのためのシドニーの楽しみ方をお届けします。

シドニーの語学学校に無料or格安で通う vol.1

 

何度も言いますが、私は暇になれていない。

 

それは前職の影響である。

 

転職期間に1ヶ月だけ休んだ時、

 

仕事をしていないことへの不安から、

 

無駄に短期アルバイトをしてしまったほど。

 

これは私の価値観の問題なのだが、

 

”働かざるもの食うべからず”という古き良き日本人的概念が自分の中に深く根付いていて、

 

何もしていない=人生を無駄にしていると思ってしまうのだ。

 

そして今”暇である”ということは、無駄な時間を過ごしているということ。

 

せっかくシドニーにいるのに!!!!

 

じゃあ働けよって思われるかもしれないけど、

 

実は私「観光ビザ」でこちらに来ているのです。

 

観光ビザは”観光するためのビザ”であり、

 

労働することは認められません。

 

(ちなみに、実は完全なる無職ではなく、フリーランスのライターとしてお仕事をいただいております。観光ビザで働いてはいけない理由として”現地の人々から労働の機会を奪うことになるから”ということだったので、大使館に日本の仕事を受けることは問題ないのか確認してみたんです。すると、はっきりとOKともNGとも言えないというあいまいな回答。公的期間にNGを出されていないし…ということで私は受けることにしました。グレーゾーンなことなので、危険を冒したくないという方にはオススメしませんが、最近は在宅でできるフリーランス向けの仕事を扱ったサイトも増えているので気になる方はチェックしてみてください!有名どころとしてはクラウドワークスなどがあります。他にもいくつかサイトがありますので、改めて紹介したいと思います!)

 

となると今私ができるのって……

 

英語を勉強することだ!!

 

当たり前のことなんですが、しぶっていたのには訳があります。

 

こちらの語学学校、とても料金が高いんです。

 

私が知っている一番安いところでも週$280〜なので、

 

ほぼ無職の私にはそんな贅沢はゆるされない。

 

(学生ビザという手段もありますが、そうしなかった理由はシドニーに住む方法を考えて見る vol.2にて!)

 

そこで私が選んだのが、フリーランゲージスクール

 

直訳すると、無料の語学学校。

 

そうなんです、なんとタダまたは超格安で学校に語学学校に通えるシステムがあるんです。

 

なぜただなのかというと、

 

・英語の先生になりたい学生さんによる授業だから

・教会が主催している授業だから

 

などがあり、前者は語学学校や大学で、後者は文字通り教会で受けられます。

 

私は無神論者なので、語学学校や大学で行われているレッスンを受けてみることにしました!

 

現在、4つのフリースクールにアプライしているので、詳細はvol.2にて!

 

ちなみに、仕事などの都合で決まった時間に学校に通うのが難しいという方は、

 

language exchange パートナーを見つけるという方法もあります。

 

meet up というアプリやGumtreeというサイトで見つけられますので気になる方はチェック!

 

先日、meet upのイベントに参加してみたのでその時の記事もまたアップします〜!!!

 

(記事アップアップ詐欺にならないようにがんばります)